なんでやねん日記

なんでやねんです

つんく♂一本体制が終了したハロー!プロジェクトは、今最大の過渡期を迎えている

表題の通りです。

2014年末から少しずつ変化を感じていましたが、2015年に入り、ハロー!プロジェクトは大きく変化しています。「そもそもハロプロとはなんぞや?」というところから始まり、最近起こったハロプロの変化をざーっとまとめてみました。

引くぐらい長いですが、ハロプロに興味ある方もない方もぜひご一読くださいませ。

★そもそも、ハロー!プロジェクトって何?

ハロー!プロジェクト(Hello! Project)は、芸能事務所アップフロントプロモーション(旧:アップフロントエージェンシー)に所属し、主につんく♂が総合プロデュースを手掛ける女性アイドルグループの総称、またはメンバーのファンクラブの名称。略称はハロプロ英語圏では"H!P"と略される)。
ハロー!プロジェクト - Wikipedia

1998年、テレビ東京のオーディション番組「ASAYAN」からデビューした平家みちよモーニング娘。の合同ファンクラブとして「Hello!」が設立。1999年に「Hello! Project」へ改称しました。同年7月から、今やハロプロの恒例行事としてファンに愛されている合同コンサート通称「ハロコン」がスタートしました。その名称が一般的に広まったのは2001年ごろとされています。

2014年3月時点でハロー!プロジェクトに所属しているアーティストは以下の通り。(長いので知っている方は読み飛ばしてください)

℃-ute



Berrzy工房結成後、残りのハロー!プロジェクト・キッズメンバーで2005年結成。その後、村上愛有原栞菜梅田えりかはグループを卒業。数あるアイドルグループの中でも群を抜くパフォーマンス力で一目置かれている。

モーニング娘。'15



1997年結成。おそらくハロプロで一番知名度があるグループだが、メンバーが流動的なため、いわゆる黄金期を経験したメンバーはすでにおらず、新しいグループと言っても過言ではない。12期以前のメンバーについてはこちらで詳しく紹介しています。

・アンジュルム



2009年にハロプロエッグ(現ハロプロ研修生)の選抜メンバーで「S/mileageスマイレージ)」を結成。2011年に2期メンバー加入。2014年には3期メンバーが加入し、グループ名を「アンジュルム」に改名。

・Juice=Juice



2013年2月にハロプロ研修生のメンバーを中心に結成。現在初の単独ライブツアーを開催中。5月には中野サンプラザで初ホールコンサート(ぜひ足を運んでください!!!!)

・カントリー・ガールズ



1999年に結成。数度のメンバー変更やゲストメンバー加入を経て、2002年に里田まいが加入。2007年以降は活動を休止していたが、2013年モーニング娘。12期オーディションの落選者とハロプロ研修生メンバーらが加入し再稼働。「カントリー・ガールズ」に改名。嗣永桃子通称「ももち」は活動休止したBerryz工房のメンバー。

・こぶしファクトリー



ハロプロ研修生の選抜メンバーで2015年結成。インパクトのある名前は「日本原産の『花コブシ(辛夷)』が由来で、“握り拳に似たつぼみを付けるコブシのように、優美でありながら力強さを兼ね備えたグループになってほしい」という思いが込められているほか、活動休止するBerryz工房の「ファクトリー(工房)」を冠している。

ほか、上記でもちょいちょい登場した「ハロプロ研修生」(ハロプロでのデビューを目指す研修生。前身はハロプロエッグ)、元モーニング娘。メンバーで現在は芸能活動休止中(海外留学中)の光井愛佳が所属しています。

と、前説だけでかなり長くなってしまい不安しかありませんが、次からが本題です。最近のハロー!プロジェクトには、こんな変化が起きています。

道重さゆみの卒業に伴い、ハロプロのリーダーが矢島舞美

モーニング娘。6期メンバーとして活動してきた道重さゆみが、2014年11月26日に同グループを卒業しました。彼女は過去メンバーの中でも最長となる約12年間モーニング娘。に所属。世間一般で高い知名度を誇り数々のヒット曲をリリースしていた“黄金期”、メディアへの露出がぐっと減りながらもパフォーマンスに磨きをかけた“プラチナ期”、新メンバーを多数迎え楽曲の路線も変更した“カラフル期”と、さまざまな時代を乗り越えてきたメンバーとして、多くのファンから支持されていました。

長きに渡りハロプロを支えた彼女の卒業はファンやメンバーへの影響も大きく、何となく「彼女がいなくなったあとのハロプロはどうなるんだろう……」という気持ちが(少なくとも私の中には)ありました。

そんな不安をよそに、彼女のあとをついでハロプロ新リーダーに任命されたのは、℃-ute矢島舞美

女神と称するにふさわしい抜群のルックスと性格の良さ、アイドルとは思えない美筋肉を兼ね備えた女の子です。(ちょっと抜けたところも最高!!)人柄がよく、周りからの信頼も厚いので、きっとよきリーダーとしてハロプロを支えていってくれると思います。

ちなみにハロー!プロジェクトはガッチガチの年功序列制のため、道重さゆみの卒業、Berryz工房の無期限活動休止に伴い、サイトの並びやコンサート等での紹介も℃-uteモーニング娘。'15、アンジュルム、Juice=Juice、カントリー・ガールズ、こぶしファクトリーの順に変化しています。(それまではモーニング娘。'15、Berryz工房℃-ute、アンジュルム、Juice=Juice……でした)

Berryz工房の無期限活動休止


※リンクは現在404


2015年3月3日をもって、グループアイドルの第一線を10年も走り続けてきたBerryz工房が、無期限の活動休止に入りました。

Berryz工房は2004年3月3日にハロー!プロジェクト・キッズの選抜メンバー8人で結成され、「あなたなしでは生きてゆけない」でCDデビュー。2005年に石村舞波が卒業してからは、7人で活動していました。女性アイドルグループの歴史の中でも、新メンバーが加入せず、最後まで結成時のメンバーで活動していた例は非常に珍しいのではないでしょうか。

髪型もファッションも性格も見事にバラバラで、我が道を行くメンバーばかり。それぞれ個性が強すぎる女の子ですが、パフォーマンス時の“一体感”はピカイチ(ファンも一体感の一部)。後輩アイドルへの影響力も強く、ハロプロ内では譜久村聖モーニング娘。'15)、福田花音(アンジュルム)、浜浦彩乃(こぶしファクトリー)などが熱烈な“ベリヲタ”として知られています。また、フットボールアワー・岩尾やHKT48指原莉乃タワーレコード社長など、業界人のファンも多数。

10年もの歳月、多くのアイドル好きを魅了したグループがハロー!プロジェクトの中から(事実上)消えたのは、あまりにも大きな“変化”だと思います。


★20人の少女がハロプロ正規メンバーに

モーニング娘。やアンジュルム(スマイレージ)への新メンバー加入などで、20人の女の子がハロプロ正規メンバーになりました。ここまで一気にメンバーが増えるのは、ハロプロ史上初。“新しく生まれ変わる”事務所の意思を感じました。ちなみに増えたメンバーは以下の通り。(リンクはそれぞれのパーソナリティが感じられる「LoGiRL」個別インタビュー記事)1人1人魅力を語りたいところですが長くなるので割愛。

★はモーニング娘。12期オーディション、☆はハロプロ研修生を経て加入

特筆すべきは、大勢のハロプロ研修生が正規メンバーに“昇格”したこと。ハロプロ研修生は、日々歌やダンスなどのパフォーマンスを磨きハロー!プロジェクトでデビューを目指す女の子たちがたくさん所属しています。これまでは“受け皿”がなく、即戦力な子もいるのになかなかデビューできない現状が(私含む)ファンの中で嘆かれていました。

女の園で努力を積み重ねてきた彼女たちが、今後ハロプロをどう輝かせてくれるのか、楽しみで楽しみで仕方ありません。

1 Let's say “Hello!”

1 Let's say “Hello!”



★“作詞作曲プロデュースつんく♂”体制の変化

一番大きな変化がこちら。2015年に発売されたハロプロ曲のほとんどが“非つんく”楽曲となっています。

  • ℃-ute「The Middle Management~女性中間管理職~/我武者LIFE/次の角を曲がれ」(4月1日発売)
    • The Middle Management〜女性中間管理職〜 作詞:つんく 作曲:DANIEL MERLOT / AURELIEN POUDAT / HYON D / TAKANORI TSUNODA / STEFAN BROADLEY 編曲:同左
    • 我武者LIFE 作詞:SHOCK EYE 作曲:KOUGA supported by SHOCK EYE 編曲:soundbreakers
    • 次の角を曲がれ 作詞:中島卓偉 作曲:中島卓偉 編曲:鈴木Daichi秀行 ストリングスアレンジ:クラッシャー木村


℃-uteの楽曲は1曲つんく作詞曲があるものの、作曲陣はバラバラ。中島卓偉アップフロントワークス所属のシンガーソングライターで、つんくもその作曲力に惚れ込んでいるほど。アニソン感あります。


モーニング娘。に関しては、2014年末に発売されたシングル「TIKI BUN/シャバダバ ドゥ~/見返り美人」の「見返り美人」も“非つんく”楽曲でした。これまでもインディーズデビュー曲「愛の種」や「ペッパー警部」といったカバー曲などの例外はありますが、メジャーデビュー以降のオリジナル曲で“非つんく”楽曲が収録されたのは初めてで、ファンの間に衝撃が走りました。

ただ他グループと違い、本シングルもまだつんく色が強いラインナップとなっているところに、ハロプロの祖としての存在感を感じます。


2015年最初のハロコンで観客の度肝を抜いた「大器晩成」。初披露後、Twitterではあっという間に「大器晩成やばい」という声が広まり、私は持っていなかった「大器晩成」披露パターンのライブチケットを急いで押さえたのでした……。とにかくかっこいいし、耳に残る。何度も繰り返し聞いてしまう中毒性がある。2015年早々「シングル曲がつんくプロデュースじゃないなんて……」という不安がふっとびました。

  • カントリー・ガールズ「愛おしくっ­てごめんね/恋泥棒­」(3月25日発売)


う、うたちゃんかわいい…………はっ!ごほん、ごほん。

作詞を担当している児玉雨子は元々作家。しかし、TV番組「コピンクス!」(静岡朝日テレビ)でJuice=Juiceの宮本佳林がCVを担当したキャラクター・コピンク*の楽曲「カリーナノッテ」にて作詞家デビューと、ハロプロとは何かと縁深い方。個人的にはいちばんハロプロ“らしい”歌詞を書く方だと感じています。

  • こぶしファクトリー「念には念 / サバイバー」
    • 念には念 作詞:アベショー 作曲:アベショー 編曲:鈴木俊介
    • サバイバー 作詞:太田善也 作曲:和田俊輔 編曲:和田俊輔


まだMV等公開されていませんが、ライブで聞いた「念には念」、めっっちゃくちゃよかったです……。

オフシャルの詳細は出ていませんがJuice=Juiceの「Wonderful World/Ca va ? Ca va ?(サヴァサヴァ)」(4月8日発売)も両方つんくは携わっていません。今回発表された“非つんく楽曲”はどれも粒ぞろいで、「力強いリスタートを切るぞ」という意気込みが感じられます。



冒頭でも説明した通り、ハロー!プロジェクトは「つんく♂が総合プロデュースを手掛ける女性アイドルグループ」であり、これまでほぼ全ての楽曲をつんくが作詞作曲していました。真野恵里菜やBouno!の楽曲など、一部他の音楽家が作詞作曲を担当しているものもありますが、少なくともモーニング娘。℃-ute、アンジュルムらのシングル表題曲はすべてつんくが担当していました。

(ちなみにつんくは2014年3月に喉頭がんを患っていたことを告白。2014年秋には「完全寛解した」と発表したものの再発し、現在療養中です。とはいえ楽曲の制作を完全に0にはしておらず、病気とプロデュース曲減少の因果関係ははっきりしていません。非つんく楽曲への関わり度合いも不明です)

これまでの体制を考えると、はっきり言って異常事態です。しかしもう1つはっきり言えるのは、アップフロントプロモーションは「ハロー!プロジェクトを残すためにできうる限りの策を講じている」ということです。

私は宝塚歌劇団が100周年を迎えたとき、ハロー!プロジェクトの100周年もこの目で見てみたいと心の底から思いました。それは、これまで行ってきた「つんく♂一本体制」では実現しないことなのです。もちろん「つんくがいてこそのハロプロ」という声もわかりますし、私もある程度は同調します。楽曲はもちろんのこと、何よりあの日本語のセンスは誰も真似できません。

ただ、今までたくさんの女の子が努力して笑って涙して切磋琢磨して築き上げてきたハロー!プロジェクトの文化を根絶やしにするのはあまりにも勿体なさすぎます。

これからどう変わっていくのか、変革は成功するのか。怖さはありますが、楽しみもあります。最大の過渡期を迎えているハロー!プロジェクトから、今後も目が離せません。


【追記】2015年4月4日、がん治療のため声帯を摘出したとつんくさんから発表がありました。
祝、近畿大学入学式!|つんく♂オフィシャルブログ 「つんブロ♂芸能コース」 powered by アメブロ

※画像はすべてハロー!プロジェクト公式サイトから引用
※記事中は敬称略