なんでやねん日記

なんでやねんです

こんな気持ちを書くのはやっぱりブログかなと思った。

ごく簡単な約束を、忙しいなんてくだらない理由でちゃんと果たせなかったことが本当に心残りで。あれくらい、大して忙しくなかった。ぜったい果たせたはずだった。なのに後回しにしてしまった。


あれから、どんな些細なことも約束をちゃんと果たすことを心の奥底で決めて、コツコツとやってきたと思う。でもいつかこの約束も忘れてしまうのかな。忘れたくないんだけど人間は、私は、いい加減だから。


こんな後悔の仕方をしている私を見て「自意識が強すぎ!」「大した約束じゃないよ!」と笑いながら優しく怒って欲しいなあ。


ふいにカメラロールを見返して、幸せそうな写真を見つけて嬉しい気持ちと悲しい気持ちがいっぺんにやってくる。頼りたいことを思いついて、頼れないことに悔しくなる。



安西水丸さんの逝去にあたり、村上春樹さんがつづったことばがある。

「人の死はあるときには、描かれていたはずの一枚の絵を永遠に失ってしまうことだ」

この一文を、ずっと反芻し続けた。



そんな一年だった。

「モーニング娘。結成20周年記念イベント 〜21年目もがんばっていきまっしょい!〜」に行ってきた

歌い継ぐ、ことの尊さを感じた公演でした。

アイドルグループがメンバーを入れ替えながら20年も続いていて、今も多くの人が愛していることって本当に奇跡だと思うんだけど、何があったのか20周年記念イベントの会場に選ばれたのは、キャパシティ2000人ほどの会場だった。

案の定、ファンクラブ先行でも一般発売でもチケットは手に入らず、オークションでは最安値が定価の倍に跳ね上がった。好きな女の子に会いたくて日頃頑張って働いているからある程度のお金はあるけど、そのお金は正しく女の子たちのために使うためにあるのであって、不当に利益を得ようとしている人たちの懐にはぜったい入れたくなく、意地でも買わないと決めた。そうして粘っていると、たまたま譲渡ツイートを見かけて、運良く会場に滑り込むことができた。

結果として、この場にいれて本当に幸せだと感じた。熱くて優しい多幸感に包まれるようなイベントだった。

最初は「モーニングコーヒー」。当時は5人だったけど、いまは14人で歌う。20周年を迎える今年、新しい振り付けもついた。でも歌が持つ可愛らしさは変わらない。始まりの曲。

イベントのメインは、ファンからの投票で決まったリクエストランキング曲の披露。全員曲から上位7曲、ユニット曲から上位3曲が選ばれた。

7位は「恋ING」。大事そうに愛おしそうに歌う譜久村聖ちゃんが印象に残っている。当時はA面曲として発表される予定だったけど急遽カップリングになったとのことで、これまで披露されたことがなかった振り付けで踊ってくれた。

6位は「I WISH」。updatedが歌われたけど、たぶん投票数を集めたのは原曲のほうだと推測。個人的には原曲が好きだけど、今のモーニング娘。をアピールしたいという気持ちも分からなくないので、updatedでも気にしないことにしている。

これもとても大好きな曲で、加護亜依ちゃんのささやくようなかわいい声から始まる優しい音楽に、今も昔もいろんな場面で救われた。ここ最近はずっと工藤遥ちゃんが歌っている。加護ちゃんとは違うハスキーで低めの声が特徴的な子で、印象は全然違うのだけれど、どちらも好き。

5位は「シャボン玉」。インパクトのある歌い出しは譜久村聖ちゃん。当時はデビューしたての田中れいなちゃんだった。アイドルグループとは思えないドスの効いた歌声と全身を激しく揺らすダンス。見ているこちらの気持ちも揺さぶられる。

ドラマ「最高の離婚」のスペシャルで、尾野真千子さんがこの曲をカラオケで熱唱するシーンがあって、私はそれがとても大好きだった。モーニング娘。が好きだから人気ドラマで歌われて嬉しい!という思いもあったけど、やさぐれてる気の強い主人公が、カラオケという場所で、自分の気持ちを表現するためにこの曲を選曲したというのが、とてもしっくりきたからだ。同じような立場になったら、私もたぶんこの曲を歌う。そういう「共感」が、モーニング娘。の、つんくの作る曲の魅力だと思う。

4位は「リゾナントブルー」。いわゆるプラチナ期を象徴する一曲。とにかくかっこいいし、みんなの切ない顔に胸がキュッとなる。

この曲の歌詞の言葉遊びが好きで、歌うと本当に気持ちよくなる。落ちサビの「助けて 誰か」は、いつも聞いていて泣きそうになる。それくらい、歴代メンバーみんな、気持ちを込めて歌ってる。

セリフは、尾形春水ちゃん。歌う前に「つんくさんから指名された」というエピソードを披露して、嬉しそうな申し訳なさそうな顔をしていた。はーちん、すぐに自信をなくして自虐しちゃうけど、もっと自信を持って。どんな女の子でも、努力して自信をもって舞台に立てば輝ける場所なんだよそこは。そういう場所に、選ばれて立っているんだよ。

ここでユニットの3位と2位を発表。

3位は「大好きだから絶対許さない」。小田さくらちゃんのデビュー曲「Help me!!」のカップリングで、鞘師里保ちゃんと歌った一曲。歌姫オーディションで加入した実力派のさくらちゃんと、当時エースとして大活躍していた鞘師が、とても美しくハモる超絶技巧派な曲で、ファンの間でもすごく人気が高い。もちろん私も好き。

この曲を歌うのは、もちろん小田さくらちゃん。そしてもう一人は、野中美希ちゃんだった。会場が大きな歓声に包まれた。

2人が歌っているとき、思い浮かんだのは鞘師の最後のソロコンサートで、ゲストとして登場したさくらちゃんと歌った、最後のオリジナルの「大好きだから絶対許せない」だった。ものすごく悲しい気持ちになりながら、でも本当に二人のパフォーマンスがすごくて、泣きながら聞いていた記憶が残っている。さくらちゃん的にはとても思い入れのある曲で、正直相手が変わることに戸惑ったかもしれない。でも、素直に頑張る野中ちゃんを技術の面でも精神の面でも支えていて、そういう関係が見えて、涙が止まらなかった。野中ちゃんはとても緊張していたけど、正々堂々と歌いきっていた。またこの歌が歌い継がれる。それが嬉しかった。野中ちゃん、自信のなさからか、優しい性格からか、はたまた緊張しいからだからなのか、ものすごくテクニックあるのに歌声が細かったりマイクに声が乗らないことがちょこちょこあった気がするのだけど、昨日は本当によかった。印象に残ったメンバーの一人です。

そして。2位は「ロボキッス」。誰が歌うのかは曲名がビジョンに出た瞬間から明確で、思わず大声を出した。普段、大人しめに振りコピしてるだけのオタクなのに、この辺りからなんかすごい声が出てた。

歌唱前のMCから、佐藤優樹ちゃんはテンションがおかしくて、あー本当に緊張してるんだな、というのがわかった。工藤遥ちゃんと歌う、おそらく最後のまーどぅーコンビの、ロボキッス。

以前に歌ったのはずっと前のまーちゃんのバースデーイベント。ステージに二人が残されてフォーメーションを組んだとき、ああ、あのころから本当にたくさんの年月が過ぎたのだな、と思った。一挙一動が愛おしくて、でもこれはある意味「終わり」の象徴なので、楽しい曲なのに涙が止まらなかった。でも、まーちゃんがアドリブでどぅーのお腹突っついたときの反応はめっちゃ面白かった。そういうところが好きなのだ。

最後、髪の毛で表情が見えなかったけどどぅーの肩に頭を預けたまーちゃんが、口角は上がってるけど泣いていることにはすぐに気付いた。まーちゃん、抱きしめたい……と思った瞬間に、ステージ上のイケメンが大きく腕を広げて、まーちゃんを包んだ。そんなの余計泣いちゃうよ。でも、抱きしめられて、まーちゃんは行き場のない思いが落ち着いたみたいだった。これがずっと一緒にやってきた仲間なんだなあと、深い絆を感じた。それにしても、私がくどぅーオタクだったら、あの瞬間に脳の血管2〜3本切れそう。

ここで全体曲に戻って3位、2位、1位の曲を一気に披露。MCで曲名披露せずに進んだから、イントロが聞こえる度に歓声が上がった。

3位は「One・Two・Three」。全体曲の中では一番新しい曲。ライブでも必ずセトリに入る定番曲だけど、最近の娘の象徴ともいえる曲だから、ランクインするのは納得感があった。やっぱり自分たちの曲が入ると嬉しいのかな。心なしかいつもより気合入ってる気がした。

何回も聞いてるはずなのにまーちゃんの「許さない」がなんかすごく良くて「すげえな……」と声に出したのは覚えてる。

2位は「Fantasyが始まる」。個人的には歌詞もメロディーもめちゃめちゃ好きな曲だけど、まさかこんな上位にランクインするとは思わなかった。一時代を築いた道重さゆみちゃんのメイン曲だし、思い入れのある人は多いのだろうなあ。まーちゃんが好きな曲なので、よかったねえという気持ちでいた。

この曲のメインは牧野真莉愛ちゃん。さゆのパートを受け継いでいて、歓声がものすごかった。すごく好きで憧れている人のパートを歌い継ぐことは、嬉しさと一緒にとてつもないプレッシャーもあると思う。さゆの映像をいっぱい見て真似した、とコメントしていたけど、ちゃんとまりあっぽさも出てたと思う。本当に努力家だなあ。もっともっと磨いてほしいから、ツアーでもセトリに入るといいね。

そしてついに1位。ちなみにわたしは「Say Yeah!-もっとミラクルナイト-」に投票した。ご丁寧に「台詞パートは佐藤優樹ちゃんと工藤遥ちゃんに歌ってほしい」と書き添えて。

モーニング娘。の曲、とてもじゃないけど一曲に絞れないほどたくさん好きな曲があって、それぞれに強い思い入れがあるのだけど、投票するなら何かな、と思ったときに浮かんだのが、ミラコーだった。

モーニング娘。の初めてのベストアルバムは、まわりの友達みんなが買っていた一枚だった。でもわたしはお金がなくて、友達に借りたアルバムをカセットテープに録音して、親が運転する車の中でずっとずっと繰り返し聞きながら歌っていた。どれもヒットソング、という収録曲の中で、唯一初めて聞いたのがミラコーなのに、すぐに覚えて大熱唱していた。

耳に残る、思わず口ずさみたくなる曲がモーニング娘。の曲にはたくさんあって、だからこそ、ふとした瞬間によくメロディーが蘇る。へんてこなのに、ついつい歌ってしまう。そんならしさが、一番詰まっている曲がミラコーだと思い、投票した。

ファンの人気は高い曲だけど、しばらく娘の単体では披露してないから最近増えたファンの子たちはあまり馴染みがないだろうし、これまでのランキングの流れで入る気配はまったくかんじなかったし、まさかという感じで1位はなんだろな〜ってワクワクしてた。から、完全に予想外で、鳥肌が止まらなかった。一緒に歌いながらずっと泣いてた。

ものすごく盛り上がって、これユニット1位の発表を後回しにしたのなんでだろう……と思ってたら、まさかの「大きい瞳」で、さゆれなで……。さゆの卒業ツアーでセトリに入ってなくて、もう聴けないのか〜ってしょんぼりしてたら、まさかの3年越しに聴けるなんて、夢にも思わなかった。

さゆとれいなは相変わらずでなんだか時間が巻き戻ったみたいだった。あんなに安心するMCコーナーなかなかないよなあ。

さゆれなと彼と一緒にお店がしたい!を披露したあとは、新曲の邪魔しないでHere We Go!(まーちゃんがちぃちゃんの頰なでる振り付けがゾワゾワする)、わがまま気のまま愛のジョーク、What is LOVE?(今回もまーちゃんのネセサリーは最高でした)と続いてアンコール。めちゃくちゃ盛り上がった。

アンコール明けは浪漫。いい曲だけどなんで浪漫?しかも新曲でもないのにテロップが出てると思いきや「未来にタスキ渡す 正義に迷いはない」の歌詞に特殊効果。20周年は一つの通過点なんだね。

ここで最後のMC。ふくちゃんが泣きながら、モーニング娘。というものの重さ大切さを語った。決して整理されたきれいな挨拶じゃないけれど、どう表現していいかわからない気持ちを丁寧に丁寧に一つ一つ言葉にしようとする姿勢にグッときた。「私たちが今のモーニング娘。です」ということの重さ、そのグループでリーダーとしてメンバーを率いる重さを痛いほど感じるとともに、ふくちゃんのモーニング娘。への愛の大きさも感じた。ちょっぴり自信がなくて話し下手で不器用で、だれよりも優しくて大きな愛で包んでくれる、譜久村聖ちゃんは最高のリーダーです。

最後はやっぱりLOVEマシーンで締め(ただしupdated)。普段はもうラブマはいいよと思うんだけど、こういう節目で聞くとやっぱりいい曲だなあと思う。この曲がないとここまで歌い継がれるグループには決してなってなかったかもしれない。世代を超えて「モーニング娘。になりたい」と思う女の子たちが集まることもなかったかもしれない。こんなに素晴らしいパフォーマンスをわたしは見ることがなかったかもしれない。そう思うと、この曲が持つ(そしていまだ衰えない)パワーを尊敬する。

好きなメンバーが卒業し、その子のパートを新しい女の子が歌い継ぐ。また違った表情を見せながら従来の曲が新しく生まれ変わっていく。でも、根幹にあるものは変わらない。

こんな楽しみ方ができるエンターテインメントは、限られていると思う。その中にモーニング娘。があることが、とても嬉しいし、尊い。

いろんな思い出が詰まったモーニング娘。の曲を、わたしたちはこれからまだ聞き続けられるのだ。なんと幸せなことだろうと思う。

(9月23日から始まるモーニング娘。秋ツアーは20周年に相応しい内容らしいです。気になった方はぜひ足を運んでください!)

モーニング娘。’17:コンサート&イベント|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

ハロプロ研修生の「Hello! Project 研修生発表会2017 ~春の公開実力診断テスト~」に行ってきた

今年もやってまいりました、年に一度の最高イベント「Hello! Project 研修生発表会2017 ~春の公開実力診断テスト~」。ハロー!プロジェクトでのデビューを目指す「ハロプロ研修生」が、日ごろの鍛錬の成果をお客さんの前で披露し、ベストパフォーマンス賞を決めるイベントです。「人気投票」ではなく、「いいパフォーマンス」を見せてくれた子に投票券を投じる、ガチのイベントです。舞台は中野サンプラザ。念に一度かつ一回きりの公演とはいえ、研修生で中野サンプラザSoldOutはすごいなあと毎回感心します。(というか「ハロプロ研修生発表会〜〜〜」の名称じゃなくなったの去年から?今年から??)。

昨年は家庭の都合で、どうしても、どうしても!!参加できず落ち込みましたが、今年は万難を排して参加しました。今年参加した研修生は、2016年7月から活動を開始したハロプロ研修生北海道のメンバーも含めて31人。さすがにメモせな忘れる!と思い、全員のパフォーマンスの感想を書き留めていたので、ブログにまとめたいと思います。

事前に公開されていたテスト順抽選動画はこちら。


ざっくり総評

  • みんな歌のレベルが高い。今年は特に平均が高かった気がするし、難しい曲を選ぶ子が多かった
    • その代わりダンスはちょっとおとなしめだったかも?
  • みんな個性をきちんとアピールできてた
  • とにかく若い子が多い。11歳〜13歳くらいの子ばっかりだった。こんなに若いうちからみんなアイドルを志すのか……と、アイドルがブームから一般化したような気持ちになる
  • ハロプロ研修生北海道の「グループ」としての魅力がすごい。定期公演行きたい!!
  • 最後のグダグダすらも愛おしいと感じるハロプロ沼
  • 西口さんは情に厚い
  • 泣いた
  • 彼女になりたいっ!!! は永遠の名曲

ということを前提に、以下は全員分のメモです。それぞれのプロフィールページへのパーマリンクも一緒に貼っておきます(頼むからOGP&個別のページタイトルくらい設定してくれよう……)。顔写真みたい人はリンクを踏んでくれ!!

1番: 石栗奏美 (北海道)/Only you (モーニング娘。)

ハロプロ研修生北海道:プロフィール|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

一番最初ということでかなり緊張をしていた様子。目と鼻が赤かったので、直前まで泣いていたのかもしれない。それでも難しい曲を一生懸命にパフォーマンスしていた。その姿にグッときた。やや個性的な顔立ちではあるけれど華のある子。

2番:山﨑愛生 (北海道)/ チュッ!夏パ〜ティ(三人祭)

ハロプロ研修生北海道:プロフィール|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

参加者最年少? 研修生北海道の映像を見る限り、歌割りも多いし位置もいいところにいるし、かなりプッシュされていそうで見る前から気になっていた。11歳と年齢も年齢なのでまだまだ成長中!という感じだけど、この曲を選んでくるあたり自分が分かっているというか、「有望株」という言葉がしっくりくる子だった。もっと表情がいろいろ出せるようになったらすごく伸びそう。

3番:島倉りか/Be Alive(モーニング娘。)

ハロプロ研修生:プロフィール|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

2017年3月に加入したばかりで実力が分からず、テスト順決定動画みたときに「えっこの子なんて難しい曲を選ぶんだ……よっぽど自信があるのか……」と驚いたけど、予想通り歌は安定してたし声量もあった。とてもおっとりした子で、その優しそうな雰囲気が歌声にも表れていた。緊張していたからなのかもしれないけど、歌に感情を乗せられるともっとよくなりそう!

4番:日比麻里那/ガラスのパンプス(後藤真希)

ハロプロ研修生:プロフィール|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

この子も2017年3月加入組。ハロプロの中でもセクシー系の曲で難しい一曲で、ダンスは曲に合わせてセクシーにできていたけど、表情がニコニコしていてやや違和感。この曲ならもっとキリッとした表情を見たかったかも。歌は緊張からか声がかすれていたのと、発声が控えめでモニャモニャしていたのが惜しかった!もっとハキハキメリハリとつけて歌うとよくなりそう。ステージを左右に大きく使っていたのは印象的でよかった!

5番:川村文乃/夢幻クライマックス(℃-ute)/審査員特別賞ダンス部門受賞

ハロプロ研修生:プロフィール|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

元・はちきんガールズ(高知のロコドル)で、研修生発表会でもたびたび目立っていたあやのん。さすがのステージ経験力で、堂々とパフォーマンスしていた。かなり激しいかつリズムが難しい曲だけど、ダンスをバキバキに踊りながら、歌もちゃんと歌えてた。ただもともとアニメ系のかわいい系の声なので、選曲がややかっこよすぎて声質にあってないような印象も受けた。「ギャップ」を狙うという意味では成功なので、ここらへんの評価は人によって分かれそう。しかしスタイルがよくてステージ映えする。

6番:工藤由愛 (北海道)/チョット愚直に!猪突猛進(こぶしファクトリー)

ハロプロ研修生北海道:プロフィール|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

まさかこぶしの中でも一人だとつらいこの曲を選ぶとは……。曲の特徴でもある「がなり」はかなり上手にできてた!ただ喉に悪そう……。歌うまいしポテンシャルも高いけどテンポとリズムがちょいちょいズレてた印象? 天然なのかしゃべりが面白くて会場が湧いてた。「(パフォーマンスを終えて)どういう気持ですか?」「清々しい気持ちです」は12歳の返しとは思えなくて個性感じた。

7番:北川亮 (北海道)/Danceでバコーン!(℃-ute)

ハロプロ研修生北海道:プロフィール|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

ハロプロ研修生北海道の中でも、とびきり大人っぽくてミステリアスな雰囲気がある北川亮ちゃん。これで12歳……。個人的に大好きな顔立ちの子なので楽しみにしてた。冒頭の挨拶はテンション低くてクールなのに、選曲がまさかのダンバコ! こういうところに年相応さを感じてむしろ愛おしいですという気持ち。ダンスのリズムがちょっと遅れてたのと歌も平坦だったけど、もっと抑揚つけて歌えるようになったらガンガン伸びそう。とにかくスタイルの良さと美しい顔が抜群だった。

8番:松永里愛/SONGS(モーニング娘。)

ハロプロ研修生:プロフィール|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

プラチナ期の中でも超難しいよこれ……。ちょっと安定感は足りなかったけど、よく一人で歌いきった!!歌もうまかった!!まだ背格好が小さいからダンスにメリハリが足りなかった印象だけど、小学生でこの歌完璧にパフォーマンスするほうがビビるわ!あと2年後くらいに、もう1回この曲歌ってほしいなあ。きっとすごくうまくなってると思う。

9番:江口紗耶/What is LOVE?(モーニング娘。'14)

ハロプロ研修生:プロフィール|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

イントロのダンス、バリバリ踊れててすごくよかった! というかこの曲を一人でやりきる時点ですごい!きれいな高音が出る子だけど、低音パートとのメリハリがあんまりなかったような? すごく可愛らしいルックスと声の持ち主だったけど、この曲選んだのは娘が好きだからなのかな(あこがれの先輩は愛理みたいだけど)。衣装も娘のツアー衣装のような雰囲気があった。

10番:土居麗菜/今すぐ飛び込む勇気(モーニング娘。'15)

ハロプロ研修生:プロフィール|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

表情がよかった。歌唱はやや安定しないし、ダンスも小さくおさまっててもったいなかったけど、伸びしろはすごく感じた。肩を出した赤いワンピース、この曲の衣装を意識してそうだったけど、ちょっと着慣れなさがでてたかも。しかしほんとうにガキさんに似ている……。

11番:山﨑夢羽/Magic of Love(J=J 2015Ver.) (Juice=Juice)/審査員特別賞歌唱部門受賞

ハロプロ研修生:プロフィール|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

個人的に一番注目していた子。研修生発表会でも歌のうまさはちょいちょい感じていたし、ルックスもよい。選曲から本気度を感じていた通り、すっごいうまくて鳥肌立った。期待を裏切らない出来!表情もよくて「久しぶりのデートだもん」のパートがすごくかわいかった。これからのステージも楽しみすぎる!!

12番:井上ひかる/My alright sky(Buono!)/審査員特別賞歌唱部門受賞

ハロプロ研修生:プロフィール|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

やっぱり大好きなBuono!の曲を選んだひかるん。その一途さがかわいい。正直、とってもよくなっていた。昔の自信がない感じが薄れてた。最近の研修生発表会の大抜擢が自信に繋がったのかな。発色のいい真っ青なミニドレスが、スタイルのいいひかるんにとっても似合ってたし、優しいバラードもおっとりしたキャラクターにあっていた。ステージに腰掛けて歌う姿がすごくきれいだった。ハロプロ研修生リーダーという肩書きは正直なんとも言えないところがあるけど、将来につながるといいな。

13番:米村姫良々/都会っ子 純情(℃-ute)

ハロプロ研修生:プロフィール|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

抽選動画のときも思ったけど、きららちゃんすごい大人っぽくなってる!かわいいというか、すでにきれいになってきている……。ももひめちゃんとセットで扱われ気味で目立ちづらいけど、着々と成長してる様子を感じ取れた。この曲の要でもある冒頭のセリフにもう少し抑揚があればよかったかも。

14番:西田汐里/Take off is now! (高橋愛・新垣里沙・田中れいな(モーニング娘。))

ハロプロ研修生:プロフィール|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

派手ではない顔立ちだけど、とっても美形な子。おっとりほんのり系なので、選曲にギャップがあった。線が細く全体的にこの曲に見合う「パワー」が足りていない印象だけど、歌もダンスも出来ていたかな。表情がすごくきれいなのが記憶に残ってる。

15番:山田苺/MY BOY(Buono!)

ハロプロ研修生:プロフィール|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

この子ももともとアイドル活動していただけあってステージ慣れしていた。ダンスのメリハリはすごくきれいにできていたし、大きく動けてたけど、歌声がちょっと足りなかったのと切れ切れだったかも。この曲テンポ早いしリズム難しいししんどいからなあ……。発表会のときも思ったけどしゃべりが安定してるよなあ。

16番:前田こころ/好きすぎて バカみたい(DEF.DIVA)/審査員特別賞ダンス部門受賞

ハロプロ研修生:プロフィール|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

私の大好きな曲ゥ……。研修生加入時から歌割りや目立つパートが多く、℃-uteのツアー帯同もよく呼ばれる前田こころちゃん。さすがのレベルの高さだった。振り付けに空手の突きのような動きを入れていたり(空手黒帯)、「こころ」という歌詞を感情込めて歌っていたり、細かな個性の出し方がすごく印象的だった。スタイルいいのと、もともとスポーツしていたからか動きがすごくキビキビしてて見ていて気持ちのいいパフォーマンスをする子。

17番:児玉咲子/ロッタラ ロッタラ(Buono!)

ハロプロ研修生:プロフィール|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

去年参加できなかった実力診断テストのレポを読んで、ずっと気になってたリコピン少女。いつもの研修生発表会ではなかなかその個性が垣間見えなかったけど、やっぱりすごいなこの子。おもしろい。チアガール風の衣装や、間奏にマイクパフォーマンスしたり、個性が溢れ出てた。ビジュアルもいいしもうちょっとパフォーマンスがしっかりしていたらどんどん前に出れそう。グループアイドルにこういう子いると面白いよなあ。

18番:佐藤光(北海道)/One・Two・Three(モーニング娘。)

ハロプロ研修生北海道:プロフィール|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

写真ではそうでもないんだけど、動くと私が大好きな植村あかりちゃん(Juice=Juice)に似ている子。すごく綺麗で雰囲気がある。一人で歌うとどこでブレスすればいいんだ!って感じの曲だけど(カラオケで経験済み)、少しも息切れせず歌いきってたのがすごかった。声量もだけど、肺活量?があるのかな。伸びしろすごくあるし、これからが楽しみ。北海道研修生やっぱりすごくいい……。

19番:金津美月/アレコレしたい!(Juice=Juice)

ハロプロ研修生:プロフィール|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

ここ最近の発表会でも感じていたけど、みずきち、すごい成長した!!おどおど感がなくなってるし、とにかく表情がよい。高音はちょっと苦手そうだけど、歌もすごくうまくなってた。賞には選ばれづらい曲だけど、個人的にはすごく好きな曲なのでうれしかった。レゲエっぽい格好も個性的で面白かった。

20番:清野桃々姫/Mr.Moonlight~愛のビッグバンド~(モーニング娘。)

ハロプロ研修生:プロフィール|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

ちょっとレベルが違う……。セリフ、ダンス、歌、表情、総合的なパフォーマンス、すべてが完璧。もともと曲に入り込むというか「演じる」のがすごくうまい子で、その魅力が存分に発揮された選曲だったと思う。宝塚っぽい髪型も振り切ってて最高だった。

高瀬くるみちゃんと一緒に、「演劇女子部とはまた違うセクションでデビュー(詳細は未定)」と発表されたけど、なんとなくわかるというか、この2人は「演じる」パフォーマンスをする子たち。ハロメンの中だと、元スマイレージ/アンジュルムめいめいが近いかも。しかしライブパフォーマンスをもっとみたい2人でもあるから、今後どうなるのかなあと期待半分、こわさ半分。

21番:河野みのり (北海道)/Oh my wish!(モーニング娘。'15)

ハロプロ研修生北海道:プロフィール|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

これまた難しい曲だよ〜〜。緊張はしてたけど表情がよかった。おっとりした子だけど、パフォーマンスしているときの雰囲気がすごくいい。もっとレッスンして、歌もダンスもメリハリ付けられるようになったらすごくよくなりそう!

22番:高瀬くるみ/BABY! 恋にKNOCK OUT! (プッチモニ)

ハロプロ研修生:プロフィール|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

くるみんワールド全開! そんな曲じゃないのに、ミュージカル観てるみたいだった……。表現力、表情が飛び抜けてよくて、もちろんダンスも歌もすごくレベルが高い。かわいいも、かっこいいも両方できて、なにより、自己アピールをバンバンやりつつ、きちんとこちらがみたいものも両立してこなしているのが本当にすごい。本編とは関係ないんだけど、曲に入る前の挨拶、かわいく入って曲名のところだけドスの効いた声になったのにやられました……。もうなにくるみん最高!!

23番:堀江葵月/忘れてあげる(アンジュルム)/審査員特別賞ダンス部門受賞

ハロプロ研修生:プロフィール|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

私の中のきぃちゃん株が右肩上がり!元々好きな子だったけど、ここ最近すごくかわいくなった!というかきれいになった!!きぃちゃんを見て「はっ」としたのは、道重さゆみちゃんの再生公演で、もちろん主役はさゆだったんだけど、きぃちゃんのダンスと表情がすごくよくて、思わずさゆじゃなくてきぃちゃんを見ている瞬間もあったほど。あれだけの公演数をこなして自信がついたのか、もともと高かったパフォーマンス力がもっと高くなっていた。というか、なんか「丁寧」になった気がした。もともとパワーあるから、前までは「ドカーン!」って感じだったんだよねパフォーマンスが(アホみたいなコメントだけど)。そこにきめ細やかさが加わった印象。なにそれもう無敵じゃん。

あえて得意のダンスを封印して、歌で勝負したのもよかった。すごくうまくなってた。正直ダンス部門じゃなくて歌唱部門では!?と思ったくらい。最後まで、票を投じるか、悩んだ。

24番:小野琴己/赤い日記帳 (あか組4)

ハロプロ研修生:プロフィール|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

また懐かしい曲を……!衣装がすんごくセクシーで、白いシャツがはだけて、赤いキャミソールが見えてるところとかすごいよかった。歌はまだ少し頼りないけど、前まで全然出てなかった声がすごくよく出ていた印象。発表会でも頑張ってるし、いろいろ自信がついてるのかも。

25番:橋迫鈴/まっさらブルージーンズ (℃-ute)/キャラクター賞

ハロプロ研修生:プロフィール|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

ステージに上って挨拶してからハートのサングラスをかけ、曲の途中で外して投げる演出、まじで最高だった……!!体が小さいからか歌もダンスもまだまだなんだけど、すごく不思議な魅力のある子で、キャラクター賞は大納得。正直、あんまり小さすぎる子は見ていると不安とか心配の方が大きくなるので応援しづらいんだけど、りんちゃんはなんか違うんだよなあ。すごく愛おしい。いつもぼんやりしているというか、マイペースな印象の子だから、一生懸命パフォーマンスしているのもグッときた。審査員みんなから「まいまいっぽかった」と言われてて面白かった。

26番:岡村美波/トロピカ~ル恋して~る (松浦亜弥)

ハロプロ研修生:プロフィール|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

もともとアイドルしていた子なのでステージ慣れしていて、初出場とは思えない堂々っぷりだった。もともと「あやや好き」を公言していたので、この選曲もよかった。「自分を分かっている」感がすごくて、今回の中では一番のTHEアイドルだったなあ。もともと新メンバーの中では多い方だけど、もっとファン増えそう。

27番:中山夏月姫/愛する人の名前を日記に (Berryz工房)

ハロプロ研修生:プロフィール|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

まさかのランドセルを背負っての登場!しかもリアルで使ってるやつ!!パフォーマンスはこれからに期待、という感じだったけど、つかみがとにかく最高だった。まこと、これからもずっといじりそう。

28番:野口胡桃/Take off is now! (高橋愛・新垣里沙・田中れいな(モーニング娘。))

ハロプロ研修生:プロフィール|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

14番の西田汐里ちゃんと曲かぶり。この曲がかぶるなんて、去年のひなフェスであやちょが披露していたの見て影響受けたりしたのかな……?(最近の娘ツアーでもやってたりしたっけ?)ノースリーブのニットにレザーパンツと、ボディーラインがはっきり出る衣装がかなりセクシーだった。ダンスにパワーがあってかっこよかったんだけど、全体的に小さくまとまってたのが惜しかったかなあ……。キャラは良い子なので、これからも注目したい!

29番:太田遥香 (北海道)/ ちょこっとLOVE (プッチモニ)

ハロプロ研修生北海道:プロフィール|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

歌もダンスも正直よくできているわけではないけど、ほわほわしてて個性があってかわいい!この子が北海道研修生の最年長(って言っても中2だけど……)っていうのがすごくいい。とにかく北海道研修生、1つのグループとしてバランスめちゃくちゃよくない?????もう絶対定期公演いきたい……。

30番:一岡伶奈/ひとり占めしたかっただけなのに(℃-ute)

ハロプロ研修生:プロフィール|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

おしゃれないっちゃんらしい、かわいくてセンスのいい衣装で、らしさがでていた。ぽやっとしていてかわいい声の持ち主だけど、かっこいい曲にチャレンジしたんだなあというのが伝わってきた。自分で作ったというダンスもすごくよかった。

まだどうなるか未定なところが多すぎて、なんて言っていいか分からないけど、デビュー確定本当にほんとうにおめでとう。いっちゃんが泣き崩れるところを見た私も泣き崩れたよ……。お見送りで「おめでとう」と伝えたとき、短い時間なのにきれいにお辞儀して「ありがとうございます」と返してくれて、すごく真面目な子なんだなあというのが伝わった。

31番:段原瑠々/Give me 愛 (モーニング娘。)/ベストパフォーマンス賞

この曲、この順番で、何も賞に引っかからないはずはないと思ったけど、やっぱりるるちゃんはすごかった!歌い出しからずっと鳥肌が止まらなくて、パフォーマンス終わりは手が痛くなるくらい全力で拍手した。最初はちょっと力んでいそうな雰囲気を感じたけど、途中からそれが気迫に変わったような気がした。

研修生の同期はみんなデビューが決まる中(2人は活動終了したけれど)、加入当初から圧倒的すぎるパフォーマンス力を持っていたるるちゃんがデビューできなくて、なんていじわるな世界なんだろうなあってずっと思ってた。るるちゃん、おめでとう。これからもすごいステージを見せてね!


これで31人全員のレポはおしまい。最後に個人的な思いなど。

投票はまず、夢羽ちゃん、くるみん、きぃちゃん、ももひめちゃん、るるちゃんで迷って、最終的にきぃちゃんとるるちゃんでうんうん迷って(投票所の前まで行って決めきれなくて途中トイレで唸ってた)、るるちゃんに決めて票を投じたら、すでにるるちゃんの箱の中は黄色の投票用紙でいっぱいになっていて、それだけで涙が出そうだった。これだけの人を圧倒できる女の子、なかなかいないよ。

まことが最後に言っていた「情に厚い事務所」っていうのは、良くも悪くも本当にそうで、新人は審査から除外ってなにそれ披露したあとに言うなんて、一生懸命取り組んできた子たちに失礼でしょ!!ってめっちゃ憤慨しちゃったんだけど、気持ちはすごく分かる。これまで人一倍努力してきた子は報われてほしいし、報われるだけの実力を持った子たちがごろごろしてるんだよハロプロ研修生は……。


最後、こぶし&つばきメンバーも一緒になって歌った「彼女になりたいっ!!!」が、明るい曲なはずなのに、すごく感動的で、応援していてつらいこともあるけど、ハロプロ研修生やっぱり大好きだな、いいなと思ったのでした。これからも応援します。


でも西口さんが川村文乃ちゃんのことを川村ひかるって間違えたのは爆笑した(あやのんはかわいそうすぎるけど)。西口さんもテンパってたんだなあ……。ずっといじられそう。


これまでの実力診断テストの感想はこちら。