なんでやねん日記

なんでやねんです

過去よりも高く翔ぶために

2017年のファンクラブイベントで、久しぶりに5人揃ったももいろクローバーZを見た。

知らない曲があったり、やたらMCが安定していたり、しばらく会っていなかった分の変化はたしかに感じたけれど、結局最終的に湧き上がったのは、いつ見てもこの5人は変わらないなあ、という気持ちで、とても安心していた。聴くたびに泣いてしまうニッポン万歳!の東北ももかパートは、なんだかいつも以上に涙が止まらなかった。

ふと、ももいろクローバーZは、これからどうなるんだろうと考えた夜があった。同時期に活躍していたアイドルたちは、解散したり、卒業したり、グループを残しつつ人員を入れ替えたりしている。ももいろクローバーZは、その特性がゆえメンバーの入れ替えはない。嵐やSMAPのようなグループになりたいと言っていたこともあったけど、今の時代、女性がその立ち位置を目指すにはどうしたらいいんだろう。熱心に会場に足を運ばなくなって2年が経っていたのに、ふとそんなおせっかいな思考を巡らせていた。

有安杏果が卒業を発表したのは、そんなことを考えた次の日のことだった。最後のライブは1週間後。突然すぎて、いろいろな感情が浮かんだり沈んだりする中、ただ情報を追うことしかできなかった。ネットの配信やテレビの生出演を見て、いろんな人たちと練られたであろう言葉を繰り返す姿に少しの寂しさを感じた。つらさもあった。でもまったく本人の意向を無視した言葉にも思えなかったから、納得もあった。不毛な議論は、当時のことが脳裏に浮かんで悲しみつつも、なんだか温かみを感じた。

ライブのチケットは当然のごとく外れた。残念だけど、ホッとした部分もあった。いつでも、「今」を応援しているファンがいるからアイドルが存在しているわけで、有安杏果が卒業してももいろクローバーZの形が変わろうとしているという状況で、ひょっこり会場に入るのはなんだか気後れしたからだ。チケットの譲渡ツイートに何百というリプライが寄せられている様子を眺めながら、そんなことを思っていた。

でもやっぱり、たくさんのものを与えて、助けてくれて、支えてくれてグループと、メンバーの最後と最初を見届けたくて、LVのチケットは押さえて、現場に向かった。

メンバーはLV会場にも挨拶にきてくれて、偶然にもわたしがいた席のすぐ近くに来てくれた。久しぶりに近くで見る5人の姿。ふわふわとしたやりとりもあったけど、しっかりと現実を受け入れて進んでいく決意を感じるような凛とした立ち姿だった。

ライブ中は最初から最後までずーっと泣いていた。周りからすすり泣く声が聞こえ続けた。でも、その涙の対象である人、あんなに泣き虫だったももかは、今日は涙を堪えて、ずっとまっすぐ前を見据えていた。その姿に、ああ、本当に有安杏果はここからいなくなるんだな、とようやく実感を持てた。

私はももかのことを何にも知らないし、分かってもいない。真面目で、不器用で、頑固で、優しくて、周りから一歩引いていて。そんな印象も勝手に抱いているだけで、大間違いなのかもしれない。ただ、卒業を発表したときに悲しいながらも妙な納得感を感じたのは、それがとても有安杏果らしいと思ったからだ。

今まで活動してきたことが、彼女の「普通」の足を引っ張ることも多かれ少なかれあるだろう。それでも、ただただ彼女の願いが叶えられることを、少しでも彼女の片鱗に触れた人間として思う。

そして、今はまだ逆境こそがチャンスだぜ、なんてとてもいえないけれど、まっすぐな彼女の意思に戸惑いながら応えた百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、高城れにの4人の願いも叶いますように。

有安杏果さん、8年間、お疲れ様でした。

2017年面白かったマンガ

そういえば去年はやってなかった記憶が蘇ってきました。2017年に読んで面白かったマンガを並べます。今年は同僚に「これ面白いですよ!」と教えてもらったものを読む機会が多かったです。好きなものについて共有しあえる職場はいいものですね。

リンクはKindle版の販売ページ、見出しは敬称略です。あらすじは省いてるので適宜試し読みとか書籍販売ページでご確認ください。

ゴールデンカムイ/野田サトル

なぜかずっと読まずにきて、今年始めに一気読みして大ハマりしました。終始ハイすぎるテンション、絶妙なエログロ描写、そして谷垣が好きです。でもやっぱりアシリパさんがかわいいですね。

ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイ

ランウェイで笑って/猪ノ谷言葉

少年マンガ、しかも週刊でこんなド直球なファッションものをやるなんてすげえ、というのが最初の感想で、あとは作品がもつパワーにズルズル引き込まれた。ファッションはファッションでも、ショーものをやるの本当にすごい……。構成やストーリーの展開も巧みでこれからも楽しみすぎます。

ランウェイで笑って

ランウェイで笑って

来世は他人がいい/小西明日翔

春の呪いでやられた人間として読まないわけにはいかない!ということで読みましたが……何これ最高……。ヤクザものの人格破滅者と、しっかりものだけどぼっち主人公の絶妙な掛け合いが良過ぎる。わりと突拍子な展開だけどキャラクターがめちゃくちゃ強いのでぜんぜん違和感ないです。おすすめ。

来世は他人がいい(1) (アフタヌーンコミックス)

来世は他人がいい(1) (アフタヌーンコミックス)

私の少年/高野ひと深

1〜3巻はふーんという気持ちで読んでたんですが、真修サイドの描写も始まった4巻から一気にやられました。2人の未来にどう考えてもいい結末は待っていなくて、そのざわざわ感がせつない。

私の少年 1-3巻セット

私の少年 1-3巻セット

ここは今から倫理です/雨瀬シオリ

独特の世界観が漂ってて、読めば読むほど夢中になる。試し読み終わった次の瞬間には単行本をポチっていました。

ここは今から倫理です。 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

ここは今から倫理です。 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

1122/渡辺ペコ

渡辺ペコさん大好きなので新刊は無条件に購入しますが、いやもう流石です、期待を裏切りません……。この夫婦の形が正しいのか正しくないのか、いやもうそんな「正誤」の話をしていること自体が違うのではないのか、読みながらいろんなことを考えているけど、2人の選ぶ道をそっと見守りたい。あとははてなユーザーとして、いちこのセリフに、なんとあの増田も登場するよ!というのだけアピールしたい。

1122

1122

あげくの果てのカノン/米代恭

こちらも今更感ありますが最新刊まで一気読み。自分も他人も、いろんな影響を受けて少しずつ変わっていっていて、その中で不変なものってあるのだろうかというのを考えさせられる作品。個人的には初穂の嫉妬心や美しくない感情がとても人間的で好きです。

君は淫らな僕の女王/岡本倫・横槍メンゴ

本当に今年は2017年ですか?ということで久しぶりの新刊かつ最終巻なただのエロマンガでした。はい、褒めてます。

君は淫らな僕の女王 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

君は淫らな僕の女王 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

不滅のあなたへ/大今良時

「聲の形」とはまたガラリと違う作風ながら、世界観の作り込みのすさまじさにとてつもない才能を感じてただただ尊敬……。グーグー編(適当な名称)がすごく好きでした。フシとリーンの3人の関係性とか。

不滅のあなたへ

不滅のあなたへ

零落/浅野いにお

デデデデがやっぱりめっちゃ好きで、その流れで浅野いにおの新刊を買う。鬱屈とした日常を過ごす中年漫画家、というテーマを浅野いにおが描くのはあまり説得力がないのでは……と思ったけど、読み始めると感情をゴリゴリ押し続けられているような、グリグリえぐられていくようなそんな感覚に陥った。配偶者とのやりとりが一番こたえました。

零落 (ビッグコミックススペシャル)

零落 (ビッグコミックススペシャル)

ロマンス暴風域/鳥飼茜

「先生の白い嘘」完結おつかれさまでした。というわけで新刊をシュッと購入。今年、なぜか風俗嬢が登場するマンガをよく読んでいる……。謎が多くて何考えてるかわからない芹香のキャラクターが魅力的ですが、個人的には主人公の相談役となってる芝内さんが好きです。

ロマンス暴風域 1 (SPA!コミックス)

ロマンス暴風域 1 (SPA!コミックス)

もしもし、てるみです。/水沢悦子

電話をテーマにした日常系+ちょいエロギャグマンガ、という感じでしょうか。うさくん要素がちょっと強めで、それで好き嫌いが分かれそう。私は好きでした。

もしもし、てるみです。(1) (ビッグコミックススペシャル)

もしもし、てるみです。(1) (ビッグコミックススペシャル)

めしにしましょう/小林銅蟲

ご存知暴力的料理マンガ。今年のハロウィンは青梅川おめがの仮装をしました。最近青梅川さんなんかかわいくないですか?

めしにしましょう

めしにしましょう

ゴールデンゴールド/堀尾省太

作品から漂う不気味さが「刻刻」を思い出させる人間の狂気を描くのが本当に巧みだと思う。

かけおちはスクーターに乗って/野村宗弘

まだ1巻なのでこれからどうなるかという感じですが「うきわ」が好きな人には今回も好きそう(はいそれは私です)。エリナさんのボディーラインが美しい。

かけおちはスクーターに乗って 1 (ビッグコミックス)

かけおちはスクーターに乗って 1 (ビッグコミックス)

舞妓さんちのまかないさん/小山愛子

えっこれサンデー作品なの???と驚いた作品。週刊でやるのすごい……。今年も引き続き料理マンガ多かったけど完全に飽和状態な中でこの作品を面白いと思うのは登場する料理に「温度」を感じるところかも。読むと優しい気持ちになります。すーちゃん好き!

官能先生/吉田基已

俺たちの吉田先生が新刊を出したぞ!また黒髪の女性がエロいぞ!!というわけで最高でした。一定層のフェティシズムをついてつきまくってくる吉田先生に完全に好みを掌握されいると感じる一冊でした。続刊楽しみ。

官能先生(1) (イブニングコミックス)

官能先生(1) (イブニングコミックス)

月曜日の友達/阿部共実

もうずっと周りの女子に合わせられなくて、合わせるのがしんどくて、小学生から中学生になったときはその気持ちがより強かったなあ……と在りし日の自分を思い出しました。違ったのは月野透みたいな「友達」がいなかったこと。たがらこそ透と茜のやりとりを見ているとすごく幸せで、せつない気持ちになる。

月曜日の友達(1) (ビッグコミックス)

月曜日の友達(1) (ビッグコミックス)

ザ・ファブル/南勝久

裏社会をテーマにした作品は普段あまり読まないジャンルですが同僚に勧められてハマりました。休業中の殺し屋(でも全然休業できてない)というテーマがよい。テンポがよくてシュールな描写も多くて飽きずに読み続けられます。そして洋子がかっこいい。

ザ・ファブル

ザ・ファブル

血の轍/押見修造

毒親もの、マンガもドラマも多くなってきて本当につらい……。つらいんだけど読んじゃう……。ずーっと不穏な空気が漂ってて重い気持ちになりますが、好きな人はハマるはず。

血の轍(1) (ビッグコミックス)

血の轍(1) (ビッグコミックス)

とんがり帽子のアトリエ/白浜鴎

とにかく絵が美しくて緻密……。まだ2巻ということで物語はこれからという感じですが、ほんとページを開くたび惚れ惚れする美しさです。あんまりファンタジーもの読まないんですが、この作品は好きです。

とんがり帽子のアトリエ(1) (モーニングコミックス)

とんがり帽子のアトリエ(1) (モーニングコミックス)

たそがれたかこ/入江喜和

うおおおお完結!入江先生、本当に素敵な作品をありがとうございました。最終巻はいろいろ波紋を呼んだらしいですが、私はこれもあり派でした。人生をあまりうまくやれないたかこが大好きな音楽に出会ったり、不登校の娘に寄り添って頑張ったり、そうやって少しずつ自分を変えていって至った決断だと思ったから。もう少し年を重ねたらまた読み返したいマンガです。

たそがれたかこ

たそがれたかこ

推しが武道館いってくれたら死ぬ/平尾アウリ

全ドルオタ必読。

100万円の女たち/青野春秋

ドラマが本当にいい作品で、原作も読みました。原作好きな人にはドラマを勧めたいし、ドラマ好きな人には原作を勧めたい稀有な作品です。

100万円の女たち

100万円の女たち

波飛沫せし家政婦さん(颯爽な家政婦さんシリーズ)/小池田マヤ

大好きな家政婦さんシリーズの最新刊を読めて、2017年はいい年でした。里のキャラクターは、本当にとても魅力的。また新作読みたいなあ。

波飛沫せし家政婦さん 颯爽な家政婦さんシリーズ (ジュールコミックス)

波飛沫せし家政婦さん 颯爽な家政婦さんシリーズ (ジュールコミックス)

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~/横田卓馬

うっうっ完結……。最終巻はボロボロ泣きました。もっとやっても良かったんじゃないですか?もっと読みたかった……。最近はあんまりスポーツマンガにハマらないんですが、やっぱり友情努力勝利は最高ですね。


だいぶ雑なまとめですが、今年はこんな感じでした。ここ最近マンガ振り返り記事がいっぱい出てて読めてなかったやつポチポチ積ん読してるので、また読むのが楽しみです。来年もいいマンガに巡り会いたい。




ハロプロ楽曲大賞'17

第16回ハロプロ楽曲大賞'17

これまでROM専で投票したことなかったのだけれど、何となく投票してみた。おたくらしく割としっかりしたコメントを書いてしまいもったいないと思ったのでブログに貼っておく。一部加筆したり削ったりしています。

楽曲部門

1位 3pt ジェラシー・ジェラシー/モーニング娘。'17

つんくはなぜ女の内面、とくに女同士の複雑な感情を、嫉妬心をこんなに理解しているのか、女子中高生から三十路ごろまで年代別の人格がいるのではないかと常日頃思わされているのだけれど、この曲はそれがもうありありと表現されていて、少し怖いくらい。

何よりも痺れたのは、研修生時代から確実にコツコツとスキルを磨いてきた努力家・加賀楓ちゃんと、芸能歴は短いのに抜群のセンスと爛漫かつ肝が座った性格ですでに末恐ろしい横山玲奈ちゃんの加入シングル曲として発表されたこと。

メロディーは言わずもがな。最高です。

2位 2.5pt 初恋サンライズ/つばきファクトリー

初めて聞いたときからとにかく音源を早く手に入れたくて仕方ない曲だった。それまで比較的おとなしい曲が多かったつばきだったけど、ああ本当にメジャーデビューするんだ、事務所はしっかりこの子達を売り出そうとしているんだと一種の安心感を得た曲。もともと気になっていた小片リサちゃんのセリフでやられてまんまとおたくになりました。

それにしても、有線大賞での岸本ゆめのちゃんの凛々しい涙は美しすぎて芸術品みたいだったな……。

3位 2pt ありがた迷惑物語/ハロプロ研修生

もはや正規グループでも提供が限られているつんく曲がすんなり研修生に与えられる現実。そしてこの音楽はつんくにしか作れない。つんくの研修生楽曲はこれまで本当に外れがないけれど、またその歴史が塗り替えられた一曲。タイトルから歌詞、メロディーに至るまですべてがつんくらしくて、今年もこんな曲を聴けておたくは嬉しい。

4位 1.5pt Fiesta! Fiesta!/Juice=Juice

Juice=Juiceが「続く」グループになった。

嬉しいより悲しいより、増員を知ったとき真っ先に浮かんだのはその言葉だった。加入するメンバーのことは、研修生になったときからずっと知っていたから、メンバー自体に不安はなかった。ただ、ある意味完成しきっているJuiceにうまく馴染めるのかというのはずっと心配ではあった。

そんなちっぽけな心配をすこーんと吹き飛ばしてくれた、2017年夏のハロコン。Fiesta! Fiesta! 。キラキラとパフォーマンスする新メンバーの姿、そんな頑張る新メンバーを受け入れようとしている既存メンバーの関係性が一気に見えた感慨深い曲。いまではまさにFamilyみたいになっているJuice=Juiceが愛おしいです。

5位 1pt VIVA!! 薔薇色の人生/カントリー・ガールズ

カントリー・ガールズの事実上の解体は本当にショックだった。あんなに素敵な雰囲気のグループがバラバラになっしまうなんて。

この曲は、最初はとくに印象に残ってなくて、いい曲だなーくらいだったけれど、ももち卒コンのとき、山木梨沙ちゃんが笑顔で(でも多分涙を堪えて)「私なら大丈夫です!」と歌ったときに、私の中の何かが弾けた。この子が、この子達がずっと大丈夫です!と力強く言い切れるように支えるのがおたくの生きる道なんだなーと思った。何かを好きになって応援できるおたくの人生は薔薇色です。

という感じ。

楽曲部門、娘のアルバムが間に合ってたらガラッとランキング変わった気がする。

MV部門

1位 2.5pt モーニングみそ汁(キャンプファイヤーVer.)/モーニング娘。'17

多幸感しかない。

2位 2.5pt 若いんだし!/モーニング娘。'17

多幸感しかない。

3位 1pt 笑って/つばきファクトリー

ハロプロもこんなMV作れるんだ!と思った映像。若いグループはいろいろ試せてよいですね。楽曲もいい。個人的に一番好きなのはドライヤー秋山眞緒ちゃんです。

推しメン 佐藤優樹

2016年の秋ツアーが最高で最高で、ずっと余韻に浸っていたらまさかのまーちゃん休養のお知らせ。沈んだ気持ちで2017年がスタートして。正月のハロコンにはやっぱりまーちゃんの姿がなくて。基本ハロプロは丸っと大好きなんだけど、まーちゃんがいなくてもうすごく寂しい、やっぱりわたしはまーちゃんが大好きなんだなと気付かされました。春ツアーの初日、好きな女の子が普通にステージに立っていてくれることはこんなに幸せなのか、としみじみ感じさせられた。

休養明けのまーちゃんはさらにパフォーマンスがグッと磨かれていて、たぶん、休みの間にいろんなことをシミュレーションしたり体得したりしたんだなというのが感じられた。いつでもいろんな変化を見せてくれて、ほんとにおたくを楽しませてくれる女の子です。メンバーが卒業するたびに、そのメンバーがもっていた”何か”を自分の一部にしてきた子なので、工藤遥ちゃんの卒業がどんな影響を与えるのか、楽しみです(卒コンの翌日にこれを書いているのでもうまーどぅーが見れない寂しい気持ちをたくさん抱えつつ)。

そんなことを書いていたらすごいブログがきて……もう……胸が苦しい……。


2016年のハロプロがもう怒涛でどうなるのかと思いきや2017年もめちゃくちゃ怒涛で、2018年はどうなるのか……。ただ、変わらず素敵な楽曲と最高のパフォーマンスで魅了してくれるのは間違いないので、来年も楽しみですね。

15 Thank you, too(初回生産限定盤)(Blu-ray Disc付)

15 Thank you, too(初回生産限定盤)(Blu-ray Disc付)